プリザーブドフラワーに虫はつくの?

プリザーブドフラワーでは花粉などが出ないことから、アレルゲンがないと考えられていて、病院などにも気軽に持ち込めると言われているそうです。感染などを防ぐという目的もあり、入院病棟では生花の持ち込みを規制する動きもありますから、お祝いだけでなく、お見舞いでもプリザーブドフラワーには注目が集まると考えられるでしょう。


プリザーブドフラワーは虫が絶対いないの?

プリザーブドフラワー本体、お花そのものに虫がわくことは、ないと考えられています。それはお花そのものから樹液などを抜き取る加工を行っており、製造過程で虫などはいなくなる、虫が食う部分もなくなっているお花がプリザーブドフラワーといえるからでしょう。ただし、飾りとして利用するリーフなどは天然のものをそのまま加工していることもあります。この場合、リーフが虫を食ってしまう可能性があるのです。


お見舞いにはお花だけのものを

万が一でも虫が食っていると困る!という場合には、お花だけをアレンジしたものを渡すようにしましょう。人気ある店では、目的によってお花のアレンジメントを変更できるケースもあるといわれるそうです。また、自分で飾っていて虫を見つけたら、リーフ類をまずは抜き取り、虫が出る原因を絶ってしまいましょう。空いたスペースには別のお花や、アレンジメントに利用できる材料を足してあげると華やかさも損ないません。