ちょっとしたお祝いにプリザーブドフラワーのギフトはオススメです

最近、枯れないお花として、ちょっとしたお祝いにプリザーブドフラワーをギフトとして贈るのが流行っています。生花のような美しさを長期間、咲き続けてくれるプリザーブドフラワーは贈られた側にも喜ばれるでしょう。


<ちょっとしたお祝いとは?どんなとき?>

ギフトとは贈り物のことです。なので、どんなときでもいいのですが、やはりお祝いごとに向いています。例えば、知り合いの誕生日、知人の結婚祝い、恋人との記念日、職場での送別会、母の日や父の日、祖父や祖母には敬老の日、クリスマスパーティーに誘われたとき、バレンタインやホワイトデーなど。喜ばれるときなら、何でもいいと思います。お花を贈られて、嫌がる方は少ないです。それがプリザーブドフラワーのギフトなら、なおさら、ベストな選択になるでしょう。


<どうやって注文すれば?>

持参して直接、渡したい場合は、お近くの花屋でプリザーブドフラワーを取り扱ってるかどうか探してください。近頃は、人気の商品なので、数多くの花屋に置かれるようになりました。もし、なかっても、提携している花屋から取り寄せてもらうことができるかもしれません。あと、もうひとつはインターネットのプリザーブドフラワー通販です。ポイントは日時指定ですね。これは多くのサイトに掲載されていますので、悩む必要はないでしょう。

プリザーブドフラワーのケーキってなんのこと?

プリザーブドフラワーでつくるケーキがあるって知っていますか?これはフラワーケーキなどと呼ばれていて、ケーキの形をしたプリザーブドフラワーのアレンジメントです。見た目は本物の花やイチゴをあしらったケーキに見えますが、実際に食べることはできません。


プリザーブドフラワーのケーキはギフトでも人気

フラワーケーキは女性の間で徐々に話題になっているそうで、人気ある店の中には、インターネット通販ではなく、店舗を出しているところもあります。ホール型もあれば、三角形のカットケーキのようなもの、ケーキ屋さんにあるデコレーションケーキサイズなど、種類、色合いも、ケーキの味のように豊富です。赤いものはイチゴやアップルの飾りがある、シックな色ではショコラをモチーフとしたものもあります。


おめでたい席にかわいいアレンジメントを

ケーキはお誕生日やウエディングなど、お祝いの席でよく利用するものです。同じようにお花も、おめでたい席には欠かせないアイテムとなっていますから、この2つをアレンジメントとしたフラワーケーキはまさに、お祝いに最適なギフトといえますね。残念ながら食べ物ではありませんが、花束ではちょっと個性が足りないと考える場合などに、おすすめのギフトです。

プリザーブドフラワーを贈るなら特徴を把握して購入する

誕生日や母の日、または敬老の日などにお花を贈っているという人も多いのではないでしょうか。
お花はとても美しく飾る場所によっては華やかな雰囲気へと変えてくれます。室内などの印象をガラッと変えることが出来るので、ギフトに贈っている人も多くなっています。プリザーブドフラワーを扱うお店は年々増えてきているので、どのようなお店が一番良いのか悩んでしまう事もあるでしょう。色々なお店を比較してみても似たような商品を扱っているという場合も。そんな時は、人気ある店を中心にして探すことをおすすめします。人気ある店というのは、それだけ何か魅力的な物を持っているという事になりますから色々確認してみましょう。スタッフの対応が良いのか、それとも魅力的なプリザーブドフラワーを扱っているのか。人気理由が異なるため、なぜ人気を集めているのか調べてみませんか?


プリザーブドフラワーのデザイン性をチェックする

お店によって扱っている商品が大きく異なりますので、その点についてもチェックしておきたいですね。
可愛らしいデザインを多く扱っているのか、それともおしゃれなデザインのプリザーブドフラワーを多く扱っているのか。デザインにも大きな違いがありますから、どのようなデザインを中心にしているのか確認してみて下さい。何色のプリザーブドフラワーを扱っているのか、目的別に選ぶ事が可能であるのか。その点についてもチェックしておくことを忘れないようにしましょう。細かい確認の仕方が分からないという人でも、商品一覧を見ればなんとなく系統が分かってくると思いますから心配無用です。一般のプリザーブドフラワー専門店に比べて人気ある店は、多くの商品を取り扱っている傾向にあります。通販限定で展開している場合もありますから、店舗を展開しているのかどうかという点も確認しておきましょう。


特殊な商品を扱っているお店もあります

一般的には桃色や赤・青・グリーンなどスタンダードな商品が多くなっています。
しかし、プリザーブドフラワー専門店の中には暗闇で光るモノや、質問によって色が変わるプリザーブドフラワーを扱っているお店もあります。通販サイト限定となっていることが多いため実物を確認することは難しいですが、そこはレビューでカバーすることが出来ます。他にもオルゴールやアロマキャンドルと一緒になっている商品もありますので、色々探してみましょう。お花を飾っている入れ物にまでこだわっているお店も多々ありますから、デザインに強いこだわりのある人はそういった視点も大事にして下さい。気を付けてもらいたいのは、人気商品の為在庫があるかどうかという点です。注文する前には、必ず在庫確認と発送日時をチェックするようにしましょう。

可愛いプリザーブドフラワーを贈ってプロポーズ!

付き合っている恋人に結婚してほしいと伝えるのは、男女共にとても勇気のいる事ですよね。
リングを準備して雰囲気ある中で想いを伝えるというのも素敵な事ですが、それでは不安だという人もいるようです。そんな時は相手が気に入りそうな可愛らしいプリザーブドフラワーを一緒に贈ってあげるのが良いでしょう。男性から女性へ贈るとき、可愛らしいプリザーブドフラワーを渡して気持ちを伝えると良い結果を得やすくなるのではないでしょうか。女性は美しいものが好きという人が多いですし、少し変わったお花や可愛らしいお花をもらって嬉しくないと思う人は少ないはずです。お花が苦手だという人以外に贈ればきっと喜んでもらえますよ。彼女へプロポーズするなら、クマとかウサギとかマスコットとセットになっているような商品を贈ってあげると、良い結果を得られるかも?


クマとかウサギがセットのプリザーブドフラワーがおすすめ

上記でも少し触れましたが、クマとかウサギのマスコットとセットになっている商品もあります。
ちょっと添えているタイプの物もあれば、クマやウサギがプリザーブドフラワーを抱えているようなデザイン商品もあります。カラーは2種類から選択できるというパターンが多いけれど、可愛らしい雰囲気は伝わってきますので彼女の好きそうな方を選びましょう。その通販サイトのお店によっては、クマの大きさを選ぶ事が出来ますしカラーも豊富に用意されていることもあります。当ての好みに合わせてプリザーブドフラワーを選んで、プロポーズの時にプレゼントしてみて下さい。可愛いものが好きという女性であれば気に入ってもらえますし、いつまでも飾って楽しむことが出来ます。ただ、通販サイトの場合は配送時にも気を付けなければなりません。


オシャレなデザイン性のフラワーギフトもおすすめ

可愛らしいものが苦手だという女性の場合は、おしゃれなデザイン性のお花を選んであげて下さい。
可愛らしいプリザーブドフラワーだけではなくて、目上の人へ贈るような控えめの可愛らしさを兼ねたプリザーブドフラワーもあります。落ち着いた雰囲気を醸し出したい、上品な雰囲気を作り出したいという人の場合は、おしゃれなものを見つけて贈ってみてはいかが。渡すプリザーブドフラワーによって大きく雰囲気が変わりますから、慎重に選んで。プロポーズを成功させたいと考えるなら、お花を一緒に添えて伝えてみて下さいね。また、自分でどのような商品を購入して贈れば良いか分からない場合は、店員にどのような目的の為に購入したいのか相談して、アドバイスしてもらう方が無難です。

プリザーブドフラワーって置き場所に困らない?

お花を購入しても置き場所に困ってしまうということもよくありますが、それは大きいものを選んでしまっていることも原因の一つ。
小さなものだと存在感がないし、あまり目に留まらないと考えている人も多いのですが、そんなことはないのです。
人気ある店のプリザーブドフラワーは小さなものであっても、ちゃんと存在感がありますし飾る場所をとることもないのでおすすめです。
置き型のプリザーブドフラワーだと場所を取ってしまうのであれば、壁にかけて飾れるものを選べば良いのです!


プリザーブドフラワーはアロマと一緒に

花粉や香りが無い事でも有名になっていますが、自分好みの香りを付けることも出来ます。
スプレーなどでプリザーブドフラワーに吹き付けてしまいますと花びらが傷んでしまいますから、何か布などに染み込ませるのが良いです。
また、それとは別にアロマを使って一緒に楽しむことも出来ますので、ぜひ色々な香りを楽しんでみてはいかがでしょうか?
ただ、ちょっとやり過ぎてしまいますと香りが混ざってしまいますから、気を付けるようにしていただければ良いと思います。


皆どこに置いているの?

お花を飾る場所はその家庭により大きく変わってくるものですが、皆がどんな場所に飾っているのか気になりませんか?
一番多い場所はやはり人目につく玄関先で、あとはリビングのテーブルや自分の寝室にプリザーブドフラワーを飾っているようです。
水気のある場所や直射日光を避ける必要があるため、そう言った場所に置かないよう気を付けるようにして下さい。

プリザーブドフラワーのお店の人気には理由があります

プリザーブドフラワーの精製法は大体一緒です。どこの国もどこの地域でも、専用液に多少の差があるものの、手順などに大きな差はありません。
ですがお店にははっきり人気の差が出ています。人気ある店は他の店とはなにが違うのでしょうか。
せっかくギフト用でも、インテリア用としてでも購入するのですから、人気ある、支持を受けているお店から買いたいですよね。


やはりプリザーブドフラワーを作る人の腕次第?

職人、といいますか、やはりプリザーブドフラワーを作るのは手作業ですからそこで差は生まれます。
当然作る人のうまい下手はあるわけで、また、飾りつけや色彩のセンスにも差が出てきますよね。
ですから、人気があり売れているお店の職人は手練れの職人と言えるのではないでしょうか。一人の作業ではないとしても、分担や教育が上手にされているお店のプリザーブドフラワーはやはりきれいです。


サービスが丁寧

プリザーブドフラワーを売るだけでなく、アフターケアや保存における説明が丁寧なお店は人気ある店だといえるでしょう。懇切丁寧に販売しているお店は信頼できますよね。
また、専用のアトリエなどを持っているお店もありますから、実際に見に行ってみてから購入を検討するのもいいかもしれません。

プリザーブドフラワーに香りを付けたいときは?

生花と見た目もほとんど同じ、ということが今までと大きく違うお花の加工方法であるというのが、プリザーブドフラワーの魅力でもあります。しかしゆいいつ、ないものが香りです。生花が好きという人では、あのシャキッとする香りがいいという人も多いようです。


プリザーブドフラワーに香りをつけるには

プリザーブドフラワーは、特殊な加工によって樹液などをいったん抜き取ってしまっていることから、香りはありません。湿気などにも非常に弱いので、香水などをお花に直接かけてしまうのも、ダメです。色移りなどの原因にもなるそうです。お花から離れた部分などがあれば、そこに香水などをしみこませた布をしのばせておく、ポプリなどと一緒に置く、という方法で、他のものからの香りを利用する方法ならあるそうです。


隙間に練り香水などを隠してもOK

香水の場合、アルコール分で揮発することから、布なのでくるんで飾っても3日程度しか持たないという問題もあるそうです。そのため、アロマなどを使うか、香りを持続させる効果の強い練り香水などを、お花につかないように飾って、プリザーブドフラワーから香るようにするという手段もあるそうですよ。人気ある店のアレンジメントはカワイイものも多いので、いい香りをさせたいというのは、多くの人が思うのかもしれません。

プリザーブドフラワーは魔法のお花

生花は美しいですが、すぐに枯れてしまうというのがネックになっていました。
美しいまま保つことが出来ればいいのにな、なんて考えていた人も少なからずいるのではないでしょうか?
実は、現在プリザーブドフラワーという細心の保存加工を施したお花があるので、こちらを選ぶのがいいと思いますよ。
永年美しいまま保つことが出来るので、夢の花とか魔法の花と呼ばれていることが多いみたいですよ。


初めてプリザーブドフラワーを購入

初めてプリザーブドフラワーを購入するという人は、名の知れない場所で購入するのは避けるようにしましょう。
人気のある店やランキングで上位に入っているところで注文する方が、安心ですし信頼できると思うんですよね。
それに、そちらの方が商品も多く取り扱っていると思いますから、すごくおすすめです。
また、口コミや評判を確認してから注文先を決めるという方法でもいいでしょう。


ぬいぐるみと一緒のお花も

プリザーブドフラワーの中には、ぬいぐるみと一緒になっているものもあります。
小さなクマのぬいぐるみと一緒に入れられているものが多いので、女性にプレゼントする時や母の日にはおすすめですね。
外見もかわいらしいですし、お花も綺麗なので気に入ってもらえるはずです。

プリザーブドフラワーのブーケ選びは何を基準にする?

プリザーブドフラワーアレンジメントは、オリジナルアレンジやオーダー商品も増加しているそうです。人気ある店では、ウエディングで利用するブーケの制作を行っていることもあり、その日の記念に利用したブーケを持って帰り、飾ることができるという点でも人気が高いそうです。


プリザーブドフラワーブーケの色はドレスに合わせて

プリザーブドフラワーでオーダーブーケを制作する場合には、ドレスの色や形に合わせることで式場でも一体感を持たせることができます。ドレスの形、色が明確に決まってからブーケのオーダーは出す方が無難ですが、ブーケも制作期間などがあります。一ヶ月以上はかかることが多いそうですから、最初からプリザーブドフラワーでブーケを、と考える場合には、ドレスを早めに決めるようにしましょう。


体型をフォローする役割も

ブーケの始まりは、花束を利用した男性のプロポーズと、その返事に女性が花束から一輪抜き取って、スーツのポケットにお花をさした、というエピソードです。男性が胸にさすお花をブートニアと呼び、これは女性のブーケと同じお花にするというルールがあるそうです。また体の真ん中にくるブーケは流線形にすることで体系の丸みをカバーする効果もあるそうです。

プリザーブドフラワーに虫はつくの?

プリザーブドフラワーでは花粉などが出ないことから、アレルゲンがないと考えられていて、病院などにも気軽に持ち込めると言われているそうです。感染などを防ぐという目的もあり、入院病棟では生花の持ち込みを規制する動きもありますから、お祝いだけでなく、お見舞いでもプリザーブドフラワーには注目が集まると考えられるでしょう。


プリザーブドフラワーは虫が絶対いないの?

プリザーブドフラワー本体、お花そのものに虫がわくことは、ないと考えられています。それはお花そのものから樹液などを抜き取る加工を行っており、製造過程で虫などはいなくなる、虫が食う部分もなくなっているお花がプリザーブドフラワーといえるからでしょう。ただし、飾りとして利用するリーフなどは天然のものをそのまま加工していることもあります。この場合、リーフが虫を食ってしまう可能性があるのです。


お見舞いにはお花だけのものを

万が一でも虫が食っていると困る!という場合には、お花だけをアレンジしたものを渡すようにしましょう。人気ある店では、目的によってお花のアレンジメントを変更できるケースもあるといわれるそうです。また、自分で飾っていて虫を見つけたら、リーフ類をまずは抜き取り、虫が出る原因を絶ってしまいましょう。空いたスペースには別のお花や、アレンジメントに利用できる材料を足してあげると華やかさも損ないません。

プリザーブドフラワーを帯留めに利用してみよう

プリザーブドフラワーは洋花のイメージが強く、お洋服にあわせる場合にはドレスなどを着用するイメージも定着しているかもしれません。しかし、着物や和装でもプリザーブドフラワーは大いに活用することができます。中でも帯留めなどにプリザーブドフラワーを利用すると、非常に華やかな印象ができますよ。


プリザーブドフラワーで着物に個性を?

帯留めは値段が数千円から、高いものだと数万円、宝石を利用するものだと、びっくりするような値段のものもあります。女性用のお着物で帯の真ん中にある飾りがありますよね?あれが、帯留めです。これはもともと、帯が崩れないように付けていたものがオシャレに転じたもので、着付けを行う人の考え方でも変わるそうですが、礼装ではなく趣味で着物を着る、自分で記念に着用するという意味では、大きく帯留めの素材を気にする人も少ないので、プリザーブドフラワーを活用する例もあるそうです。


大きな一輪の薔薇などさまざま

帯留めは着物に個性を与えるポイントだとも言われています。礼装では使ってはいけないと言われる素材もあるそうですが、それも地域や着物の流派などで異なるため、厳密に基準が明確になっているわけではありません。人気ある店でも扱っていることがあるそうですから、着物を着る機会があれば探してみてください。

キャンドルと組み合わせて幻想的なプリザーブドフラワーを

プリザーブドフラワーはお花を一度解体し、花弁に含まれる樹液などをすべてなくす加工をほどこし、その後染色しているものです。そのため、湿気や極度な温度変化には弱いのですが、通常の花弁とは違い、少しの温度変化であれば耐えることのできるものもあるそうです。


プリザーブドフラワーとキャンドルの組み合わせ

キャンドルといっても、ここで利用されているのはLEDライトを利用したキャンドルです。本物はロウが溶けだす、温度が非常に高くなることから、何かを組み合わせて利用することは、安全面も考慮してオススメできません。しかし、LEDライトであれば大した温度にならないこと、今は炎のような光の揺れを演習できることから、プリザーブドフラワーと組み合わせて、お部屋を演出することができるのだそうです。


アロマポットとして利用できるものも

蒸発する温度の低いアロマオイルを利用することで、キャンドル部分をアロマポッドとして使うものが人気ある店では増えていると言われているそうです。プリザーブドフラワーでは香りだけがゆいいつ、楽しむことができないとも言われていますから、芳香剤などのように使いたいと考える場合には最適なアイテムといえるでしょう。ただし、一日中、目の届かないところで炊き続けるのは火事の原因にもなりかねませんから、寝る前など自分の管理できる場所で点けましょう。